メインイメージ

  治療を通して元気のある楽しい生活を応援・提案します 

 

gazou1

DSCN0730 (1280x960)

埼玉県東松山市・熊谷市・坂戸市・嵐山町・小川町・寄居町からも近い治療院です  

滑川ベイシアモール近接 駐車場20台有り

交通事故、自賠責保険、むち打ち、ケガ、スポーツ障害 、整体、猫背矯正、ストレートネック、

骨盤矯正、O脚矯正、顎関節症、腰痛、肩こり、膝痛、肩痛、肘痛、ヘルニア、神経痛、リハビリテーションなどお気軽にご相談ください  

 

 

 

「News」さくら接骨院新着情報

<6月の日程>

 

 6月3日(土)・・・院長が子供の運動会参加のため休診させていただきます。

 6月4日(日)・・・代診をさせていただきます。

 患者様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解のほどお願いいたします。

 

 

<予約優先制のお知らせ>

 

 H26.9月10日(水)より予約優先制になりました。
 お電話での受付は診療時間内でお願いします。
  患者様にはご理解の程よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

受付時間

※予約優先制にて診療しています

月~金 9:00~12:30 15:00~19:30
9:00~14:00
休診日 日・祝休診

各種保険・労災・交通事故(自賠責保険)取り扱い
埼玉県比企郡滑川町羽尾2802-3
 滑川ベイシアモール近接

 

TEL 0493-57-2377

 

 

さくら接骨院ストーリー

私がこの仕事に就くことになったのは幼少の頃より柔道をやっていた事に由来します。この頃はケガが絶えなく、接骨院や病院によく通っていました。

 
そしていつしか治療家を志すようになったのです。

 
21歳で国家資格である柔道整復師(接骨師)を取得した後、接骨院・整形外科・リハビリテーションと様々な研修を行ってきました。この研修期間中は、人を治す難しさ、すばらしさ、命の輝き、尊さ、治療家としての喜び、苦しみ…さまざまな事を体験・学習できた期間でありました。この時期の経験により今の私の根幹が作られました。当時の師匠や支えていただいた方々に感謝するばかりです。

 
 2001年30歳にて生まれ故郷の地、埼玉県比企郡滑川町で実家を改築し「さくら接骨院」を開院しました。「さくら」は私の好きな花に由来します。桜の花の様に患者様を勇気づけられる治療院でありたいという思いがあります。今では馴れ親しんだ患者様には当院を「さくら」と呼んでいただいている様です。東松山市、熊谷市、嵐山町、小川町、寄居町からの来院患者様が多いです。延べ3万人の痛みの患者様に向き合ってきました。

 
現在は皆様のお陰でさくら接骨院も地域ダントツ一番の治療院という自負と過信のもと、たくさんの方に支えられて成り立っています。来て頂いている皆様への責任として、これからもさくら接骨院は質の向上と共に気楽に来院できるフレンドリーな治療院を目指します。又治療面では常に患者様の満足を追求し、患者様と共に積み上げて行く医療を心がけて行きたいと思います。どうぞ末永くご愛顧宜しくお願い致します。

 

院長 野口明宏

 

gazou3

 

マンスリーコラム

「慢性痛(3カ月以上続く)でお悩みの方へ」

 

3カ月以上続く痛みを慢性痛と呼びます。実はこの痛みについて興味深いことが報告されています(NHKでも放送されていました)。

慢性痛の多くは痛い場所に原因があるわけではなく、脳が作り出す幻の痛みなのだそうです。

脳のある部分(DLPFC)に異常があると幻の痛みに悩まされる確率が上がる様です。

 

               dlpfc

 

☆腰痛を例にとり慢性痛発生のメカニズムを紹介します。

 

1.腰の骨や筋肉の異常によって炎症が起きる。

          ↓

2.炎症が起きたという情報は、神経を通して脳に伝えられる。

          ↓

3.脳では神経細胞が興奮し、痛みの回路が生まれる。この回路が出来て初めて腰痛を感じる。

          ↓

4.脳の炎症が治まっても、痛みの回路の興奮はすぐには落ち着かない。

          ↓

5.この興奮は脳のDLPFCという部分が指令を出して鎮めることで痛いという感覚をなくす。

  ここでDLPFCの活動が衰えていると痛みの回路の興奮状態を鎮める指令が出なくなる。

          ↓

6.腰は治っているのに、痛いという感覚がリセットされない状態が続く → 慢性痛へ

 

☆慢性痛への対処法

 

なぜDLPFCの活動が衰えるか?ですが、それは痛みへの恐怖、不安が関係している様です。

ですから対策は非常にシンプルで「自分は大丈夫」「ひどい状態ではない」など自分に自信を持つことが回復の第一歩となるのです。

又当院の治療ではDLPFCを選択的に修復する徒手療法も行っていますので、必要な方には調整を入れて行きます。